NBS HOME

NBSの想い

NBSの活動

NBSのイベント

NBSの仲間

会員登録

NBSの想い(NBS代表幹事挨拶・島 至)

NBS代表幹事

「共生の社会を目指して」

今、社会は大きな転換期を迎えているように思います。 世界は閉塞感に満ちていて、それを打破していく新しい価値軸が求められているのではないかと思います。


世界を見ると民族や宗教の対立、テロの頻発、時代に逆行するかのような力による支配などが台頭してきて、世界はますます対立と憎悪が広がっているように思います。 自分の立っている位置が違えば正義も物事の見え方も違ってくるのは当然です。 両方を見渡すもうひとつ上の視点から見る、俯瞰的な視点が必要だと思います。 視座を高くする必要があるのです。


自分たちにとって何がいいかではなく、皆にとって何がいいかという視点で考えていかなければいけません。 国家も企業もWin-Winを目指し、「競争の社会」から「共生の社会」を築いていきたいと思います。 それは簡単ではありません。戦っていく強い意志と決意が必要だと思います。 共生の社会での戦いは相手を倒す戦いではなく、相手と手を取り合っていく戦いです。 戦う相手は向こう側にいるのではなくこちら側にいます。 自分の中にある欲望、怒り、憎悪、妬みなどとの戦いです。 難しいですが、でもこの戦いは自分自身の中に人間の尊厳を高め、人としての誇りを高めていってくれます。


もう自分が儲けようとしても儲からない時代だと思います。 自分が儲けたかったら、相手を、お客様を儲けさせればいいのです。 人から愛されたかったら人を愛すればいいのです。 個を大切にするから全体がまとまっていくのだと思います。 一人一人の個性や価値観を大切にするから、一体感が生まれてくるのだと思います。


経済的価値が基軸になっている企業や社会の在り方から、人の幸せに貢献しているかどうかという人間中心の価値軸に沿った企業や社会の構築を目指したいと思います。 私たち中小企業が売上や利益ばかりに囚われず、新しい社会の実現のために真に連携していくことに拠って、 新しい時代の新しい企業の在り方、新しい働き方が創出されていくと思っています。 そしてそれこそが結果的に各企業の繁栄にも結び付いていくと思っています。 私たちNBSのグループは同じ意思と強い思いを持って、競争の社会から共生の社会への実現を目指しています。


NBS代表幹事(株式会社エスピック 代表取締役社長)島 至

NBSの想い(NBS副代表幹事挨拶・高石和生)

「NBSが社会経済に果たす役割」

2011年3月に産声を上げた「ニュービジネスサロン」は、 新しい形の企業間連携とその協業および社会への働きかけ(共生の社会を実現する)を目的に掲げて進んでまいりました。 そして、これからはひとつの大きな社会的役割として「経済社会にどう役立つ存在になるか」が課題ではないかと考えています。


当初からNBSでは、一社では実現できないビジネスや経済活動を、 得意分野を持ち寄った信頼し合えるNBS会員企業で共同して実現するという思いを抱いていました、今後はそれをさらに拡大して、 お客様(個人、団体、企業、公官庁、学校、その他)の様々なニーズをNBSの各専門グループが受注窓口となり、 お客様の要望を実現できる単独または複数のNBS会員企業で、 瞬時にプロジェクトを構成して、【ご要望ヒヤリング⇒お見積り⇒設計・開発または調達⇒納品またはサービス開始⇒アフターフォロー】という一連の商流(経済活動)を高い品質でスピーディに提供します。 よって、お客様には早くて安心という高い満足を得ていただくと同時にNBSへの厚い信頼をいただきます。


私たちNBSは、お客様の規模や商談の規模問わず、都会地方を問わず、 業界業種を問わず、 お客様と共にNBSパートナーと共に経済活動を通して共生の社会を目指し、社会経済へ「新しい価値軸」、 「新しいスキーム」、「新しい成果」を生み出していきます。
NBS会員の皆様、これから仲間になっていただく皆様、NBSをご利用いただくお客様、 ニュービジネスサロンを舞台に共に豊かで幸せな社会を創造してまいりましょう!


NBS副代表幹事(株式会社アクセスネット 代表取締役)高石和生

NBSの想い(NBS副代表幹事挨拶・小長谷丈晴)

「国境を越えた仲間づくりと次世代へ明るい社会を」

現代社会では国際化が進み、更にインターネット技術の進化によりビジネスの現場ではこれまで以上に世界が身近になっています。 然しながら中小企業単独では、国際舞台でのビジネス展開にはリソースに限界があるため、素晴らしい商材・サービスを拡販できず、十分に活躍できないケースが多く見られます。


私どものNBSの特徴としましては、「One For All, All For One」の精神に基づき、仲間づくり、信頼関係づくりを主としたところを基盤に、 そこから派生するコラボレーションなど国境を越えた協業体制や共同で大きな案件を受注していく流れを促進しております。


ビジネスの基本は、売り手も買い手も信頼し合うことが重要ですし、またそのビジネスが社会の役に立つものであることが望ましいと考えております。 その為に我々は、志を高く持ち、そしてここに集まった方々と親交を深めお互いを知り、 自己のビジネスのために動くのではなく、社会全体の為になるような行動を我々自ら実践していきたいと思っています。


今、日本だけでなく特に先進国は高齢化社会になっていますが、次世代の社会を形成するのは我々であり、 それはいまであると考えています。この大きな社会変換期に時代に流されることなく、 何をすべきか、どうあるべきか、を今一度考えつつ、この想いをご理解いただける仲間を一人でも一社でも多く募り、 共生の社会実現に向けて活動していきたいと思っています。


NBS副代表幹事(株式会社アトラスコンピュータ 代表取締役)小長谷丈晴